ヘッダー画像

【2022最新版】おすすめVRヘッドセットTOP3

HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)
HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)の画像
おすすめポイント
数々のアワードを受賞したHPとValve、Microsoftが共同開発した画期的なVRヘッドセット。快適でより没入感のある体験を提供。
もっと詳しく
Meta Quest 2(フェイスブック ジャパン株式会社)
Meta Quest 2(フェイスブック ジャパン株式会社)の画像
おすすめポイント
単眼1,832×1,920pxの解像度で美しくリアルなVR体験が可能
もっと詳しく
VIVE Pro 2(HTC NIPPON株式会社)
VIVE Pro 2(HTC NIPPON株式会社)の画像
おすすめポイント
2021年のBestVRHeadsetに選定!必要なものがすべて1つに
もっと詳しく

【2022最新版】おすすめVRヘッドセットをランキング形式で紹介します!

ここ数年で一気に注目を集め始めた「VR(バーチャルリアリティ)」。ニュースやSNSでも話題になることが増えてきたことに加え、新型コロナウイルス感染症のまん延に伴い、外出せずにさまざまな空間を楽しめるという点でも関心を寄せている方も多いようです。

すでにVRを楽しむための道具などを揃えている方もいるかもしれませんが、こだわればこだわるほど楽しみ方も増えていくはずです。これから個人でVRを楽しもう、企業でVRを導入しようと考えているのなら

・そもそもVRとはどのようなものなのか
・VRを楽しむために必要なヘッドセットについて
・ヘッドセットの種類による違い

などについては事前に調べて知っておくことが大切です。そこで当サイトではすでにVR環境をお持ちの方はもちろん、これから購入を考えている方のためにも、VRについてさまざまな角度からご紹介していきます。さらにWEBアンケートをもとにおすすめのVRヘッドセットをランキング形式でご紹介しています。

そのほかにも「VRゴーグルとの違い」「タイプ別のメリットやデメリット」「VRヘッドセットの選び方」などについてもまとめています。こういった基本的な情報を知っておくと、より深くまでVRについて理解することができるはずです。ぜひ当サイトを参考に、VRの世界に入り込んでいきましょう。

【2022最新版】おすすめVRヘッドセットランキング一覧!

HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)の画像1
数々のアワードを受賞したHPとValve、Microsoftが共同開発した画期的なVRヘッドセット。快適でより没入感のある体験を提供。
HP Reverb G2 VR Headsetは、性能と価格のバランスが良いおすすめのVRヘッドセットです。高解像度、高音質、軽量と優れた条件が揃っており、購入しやすい金額になっているのが魅力的です。

また、法人のビジュアライズに使用されるソフトウェアで動作確認されているため、品質も良く、安心して導入決定することができるでしょう。

HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)の強み

PC接続方式で4Kの高画質を実現!文字が読めるくらい鮮明な世界に没頭したい方に!

HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)の口コミ・評判を集めました

画質がとても良い
匿名
なかなか購入できませんでしたが、安価で高画質。リフトsからの買い替えですが、非常に満足です。故障したらもう一度購入します。

引用元:https://shopping.yahoo.co.jp/

アラ寒
眼鏡をかけていても問題なく使用できます。
眼鏡をかけていても問題なく使用できます。オキュラスsからの買い替えですが、装着感はhpのほうが良好、画像はhpのほうがかなり良好。

引用元:https://review.kakaku.com/

HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)の基本情報

仕様解像度:【片眼】2160 × 2160【両眼】4320 x 2160
リフレッシュレート:90 Hz
重量:約 0.5kg(ケーブル重量含まず)
視野角:114°
サイズ:84×186×75mm
トラッキング方式:インサイドアウト (4カメラ) 、6DoF
動作PC最低条件OS:Windows 10 May 2019 (Version1903)以降
プロセッサー:インテル® Core™ i7 / インテル®Xeon®E3-1240 v5 / AMD Ryzen 5以上
メモリ:16 GB RAM 以上
映像出力:DisplayPort™ 1.3以上(変換アダプタ使用時は正常に動作しない場合あり)
USBポート:USB Type -C×1ポート
価格6万5,780円~
付属品6mヘッドセット接続用ケーブル、電源アダプタ、モーションコントローラ×2、DisplayPort-mini-DisplayPortアダプタ×1、ドキュメント
メーカー情報株式会社 日本HP
東京都港区港南1丁目2番70号 品川シーズンテラス21階
お問い合わせ電話・メール
Meta Quest 2(フェイスブック ジャパン株式会社)の画像1
単眼1,832×1,920pxの解像度で美しくリアルなVR体験が可能

Meta Quest 2は、PCがなくてもヘッドセットとコントローラーだけでVR空間にアクセスすることができます。まずはVRを体験してみたいと考えている方も気軽にはじめられるでしょう。

6DoF対応で外部センサーを取り付ける必要もありません。手軽にVRデビューしてみてはいかがでしょうか。

Meta Quest 2(フェイスブック ジャパン株式会社)の強み

テレビやスマホへミラーリングできる!友達と一緒に楽しみたい方におすすめ!

Meta Quest 2(フェイスブック ジャパン株式会社)の口コミ・評判を集めました

かっちゃりんさん
Questの新型
前のOcculus Questからの買い替えです。軽く、高画質になり大満足です。リモコンも両手に持つ形で、電池交換もいらない。

引用元:https://review.kakaku.com/

Zecca
VR入門に最適
VRに興味がある・・・でも機材が高い・・・ そんな中でもOculus Quest2はこれ1つで完結しますので入門用に最適です。 これのみではいわゆるフルトラッキングはできませんが、Oculusの強みはAirLinkという現在市販されているHMDで唯一、無線接続ができることでしょう。 もし最初からガチガチにVR環境を整えるつもりであればOculusではなくindex等を買ったほうがいいですが、相応のコストがかかるので覚悟が必要ですが、興味本位でVRを触ってみたいという方にはおすすめです。 androidユーザーには、type-cコネクタが使えることも踏まえ、自信をもっておすすめできるヘッドセットだ。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

Meta Quest 2(フェイスブック ジャパン株式会社)の基本情報

仕様解像度:【片眼】1832 x 1920【両眼】3664 x 1920
リフレッシュレート:60、72、90 Hzに対応
トラッキング方式:6DoF対応
動作PC最低条件スタンドアローン型のためPC不要
価格3万7,180円~
付属品充電ケーブル、電源アダプター、Touchコントローラー2機、単3電池2本、眼鏡スペーサー
メーカー情報Facebook Japan株式会社
東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
お問い合わせ記載なし
VIVE Pro 2(HTC NIPPON株式会社)の画像1
2021年のBestVRHeadsetに選定!必要なものがすべて1つに

VIVE Pro 2は、120Hzという高いリフレッシュレートに対応しており、流れるような映像を鑑賞することができます。ゲームのグラフィックの良さを最大限引き出してくれるのではないでしょうか。

ベースステーションを設置する方式でより正確に位置情報をトラッキングしてくれます。

VIVE Pro 2(HTC NIPPON株式会社)の強み

高解像度!5Kで鮮明なVRを楽しみたい方におすすめ!

VIVE Pro 2(HTC NIPPON株式会社)の基本情報

仕様解像度:【片眼】2448 × 2448【両眼】4896 x 2448
リフレッシュレート:90/120 Hz
視野角:最高 120° (水平)
動作PC最低条件OS:Windows® 11 / Windows® 10
プロセッサー: Intel® Core™ i5-4590 あるいは AMD Ryzen 1500 同等かそれ以上
メモリ:8 GB RAM あるいはそれ以上
映像出力:DisplayPort 1.2 あるいはそれ以上
USBポート:1x USB 3.0 あるいはそれ以上
価格17万8,990円
付属品All-in-oneケーブル、レンズクリーニングクロス、イヤーキャップ×2、リンクボックス(2.0)、USB 3.0ケーブル、DisplayPort™ ケーブル、Mini DP to DPアダプター、リンクボックス電源アダプタ、VIVE コントローラー (2018)(ストラップ付き)× 2Micro-USBケーブル×2、電源アダプタ × 2、ベースステーション 2.0 × 2、ベースステーション電源アダプタ × 2、マウントキット、取扱説明書
メーカー情報HTC NIPPON 株式会社
東京都中央区日本橋馬喰町1-9-1 THE CORNER日本橋east5階
お問い合わせ電話、メール、チャット
VIVE Cosmos(HTC NIPPON株式会社)の画像1
自分だけのクリエイティブな空間を創ることを可能にしたVRヘッドセット。

VIVE Cosmosは、広い視野角と6DoF対応で自由に動くことができるVRヘッドセットです。さらに、瞳孔間調整機能付属で快適に利用できます。

フリップアップ式のデザインになっているため、すぐにVR空間と現実を切り替えられるのも嬉しいポイントです。

VIVE Cosmos(HTC NIPPON株式会社)の強み

100のタイトルが用意されているプラットフォーム「インフィニティ」で購入してすぐに楽しめる!

VIVE Cosmos(HTC NIPPON株式会社)の口コミ・評判を集めました

ろりゆき
PCVR初心者向き
初めてVR機器購入しましたが、セットアップがスムーズにできました。とってもいい!

引用元:https://www.amazon.co.jp/

VIVE Cosmos(HTC NIPPON株式会社)の基本情報

仕様解像度:【片眼】1440 x 1700【両眼】2880 x 1700
リフレッシュレート:90 Hz
視野角:最大110
動作PC最低条件OS:Windows ® 10, Windows ® 11
プロセッサー:Intel ® Core™ i5-4590 または AMD FX™ 8350 の同等品以上
メモリ:4 GB RAM以上
映像出力:DisplayPort 1.2またはそれ以降
USBポート:USB 3.0またはそれ以降(1個)
価格7万9,800円
付属品コントローラー(左右)、電源アダプタ、単三アルカリ電池4本、クリーニングクロス、説明資料、引き換えコード、Mini DP-DP変換アダプタ、ヘッドセットケーブル、コンバーター
メーカー情報HTC NIPPON 株式会社
東京都中央区日本橋馬喰町1-9-1 THE CORNER日本橋east5階
お問い合わせ電話、メール、チャット
VIVE Focus 3(HTC NIPPON株式会社)の画像1
オールインワンVRのマスターピース。高いスペックを実現!

VIVE Focus 3は、3D空間サウンドで高い没入感を楽しめるVRヘッドセットです。音漏れを低減した設計になっているため、会話が周囲に漏れずにすむといった特徴もあります。

また、長時間の使用でも快適に過ごせるようバランスを重視した仕組みが魅力的です。メガネをかけたままでもフィットしますから、視力があまり良くない方も安心ですね。

VIVE Focus 3(HTC NIPPON株式会社)の強み

高精度なハンドトラッキング機能でコントローラー不要!より直感的な操作をしたい方におすすめ!

VIVE Focus 3(HTC NIPPON株式会社)の基本情報

仕様解像度:【片眼】2448 x 2448【両眼】4896 x 2448
リフレッシュレート:90 Hz
視野角:最大120度
トラッキング方式:VIVEインサイドアウトトラッキング
動作PC最低条件スタンドアローン型のためPC不要
価格13万900円
付属品Controller (L)、Controller (R)、ストラップ x2、ACアダプター、スプリッターケーブル(充電のみ)、レンズクリーナー、書類
メーカー情報HTC NIPPON 株式会社
東京都中央区日本橋馬喰町1-9-1 THE CORNER日本橋east5階
お問い合わせ電話、メール、チャット
Valve Index(Valve Corporation)の画像1
最大130度の高視野角で繊細な映像を表示し、よりリアルなバーチャル世界を実現

Valve Indexは、美しいディスプレイや高いフレームレート、音響などが魅力的なヘッドセットです。 スピーカーは直接耳に接しないように設計されており、自然な形で音を聞くことができます。

長時間装着していても、違和感を感じにくいのではないでしょうか。抗菌素材の使用や取り外し可能なクッションパッドなど衛生面も安心です。

Valve Index(Valve Corporation)の強み

フレームレートが高い!長時間快適に使用したい方におすすめ!

Valve Index(Valve Corporation)の口コミ・評判を集めました

しまさんさん
はじめてのVR
とてもいい。ヘッドセットのディスプレイもとてもキレイだしコントローラーが本当に最高!!

引用元:https://www.biccamera.com/

Valve Index(Valve Corporation)の基本情報

仕様解像度:デュアル1440 x 1600RGB LCDディスプレイ
リフレッシュレート:80Hz / 90Hz / 120Hz / 144Hz対応
視野角:最大 約130°
トラッキング方式:SteamVR 1.0 および 2.0 ベースステーションと互換性のある SteamVR 2.0センサー
動作PC最低条件記載なし
価格13万8,380円
付属品コントローラー、ベースステーション、HL: ALYX製品コード、初音ミクVR製品コード、 ACアダプター、クリーニングクロスなど
メーカー情報Valve Corporation
in Bellevue, Washington201
お問い合わせメールフォーム
Pico Neo3 Pro Eye(Pico Technology Japan 株式会社)の画像1
どんな場所でも安定したトラッキングが可能で、幅広いビジネスに活用できる

Pico Neo3 Pro Eyeは、Neo3 Pro モデルの全機能に加えて内蔵アイトラッキングも搭載されています。高度な性能とデータ収集能力があり、ビジネスにおいてもVR導入による生産性向上が期待できます。

6DoFのヘッドセットとしては軽量コンパクトなのは嬉しいポイントです。ワイヤレスPC VRストリーミング機能で映像をパソコンの画面に表示することができ体験を共有できます。

Pico Neo3 Pro Eye(Pico Technology Japan 株式会社)の強み

目の疲れやVR酔いの心配がある方におすすめ!

Pico Neo3 Pro Eye(Pico Technology Japan 株式会社)の基本情報

仕様解像度:3664 x 1920のLCDスクリーン
リフレッシュレート:90Hz
トラッキング方式:6DoF
動作PC最低条件スタンドアローン型のためPC不要
価格記載なし
付属品記載なし
メーカー情報Pico Technology Japan株式会社
東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル14F
お問い合わせメールフォーム
Varjo VR-3(Varjo Technologies)の画像1
業界でもトップクラスの高い性能と解像度を備えている

Varjo VR-3は、解像度が高く細部まで鮮明に表現することができます。sRGB色空間と99%一致する精度になっているため、現実世界に限りなく近く感じられるでしょう。

VRに没入できるよう、頭のサイズや形状にフィットする設計になっている点にも注目してみてください。他のVRヘッドセットでは酔ってしまったという方も使用できるかもしれませんよ。

Varjo VR-3(Varjo Technologies)の強み

人間工学に基づいたデザイン!目の疲れや酔う心配がある方におすすめ!

Varjo VR-3(Varjo Technologies)の基本情報

仕様解像度:1920×1920 マイクロ有機LED (71 PPD)x2枚2880×2720 LCD (30 PPD) x2 枚
リフレッシュレート:90 Hz
重量:本体 558 g+ヘッドセット 386 g
視野角:115°
トラッキング方式:SteamVR
動作PC最低条件OS:Windows 10 (64bit) 1809 以降
プロセッサー:インテル® Core™ i9-9900K、インテル® Xeon™ W-2245、 AMD Ryzen™ 7 3700X 以降で 8コア16スレッド 以上の CPU
メモリ:32GB
USBポート:USB 3.0×2、およびDisplayPort 1.4 ×2 または miniDisplayPort 1.4 ×2
価格記載なし
付属品各リージョン電源プラグ6点、(Euro、UK、US、Australia、Korea、China ※ 日本のタイプA プラグも付属)、ヘッドセットアダプター2 点、電源ユニット2 点、クリーニングクロス1 点
メーカー情報Varjo Technologies USA HQ
Washington DC Area Suite 700, office: 723 2111 Wilson Boulevard Arlington, VA 22201
お問い合わせメールフォーム
Varjo Aero(Varjo Technologies)の画像1
115度の視野全域にわたって実物同様に表示するVRヘッドセット

Varjo Aeroは、上位モデルであるVR-3よりも軽量化されており、フライトシミュレーターなどを行いたい方におすすめです。また、ノートブックPCを使用している場合でもレンダリングを最適化してくれるため、余計な負荷がかかりにくくなっているのは嬉しいポイントです。

再現性の高いヘッドセットをお探しの方は、ぜひチェックしてみてください。

Varjo Aero(Varjo Technologies)の強み

上位モデルよりもわかりやすく、軽量に!まずはVRを体験してみたい方におすすめ!

Varjo Aero(Varjo Technologies)の基本情報

仕様解像度:2880×2720 ミニLED・LCD
リフレッシュレート:90 Hz
重量:本体 487g + ヘッドバンド(カウンターウェイト含む)230g
視野角:115°
トラッキング方式:SteamVR
動作PC最低条件OS:Windows 10 (64bit) 1809 以降
プロセッサー:4 つ以上の物理コアを持つ CPU
メモリ:8GB
USBポート:USB 3.1 / 3.0 ×1、およびDisplayPort 1.4 ×1 または miniDisplayPort 1.4 ×1
価格記載なし
付属品ヘッドセット本体および専用ケーブル、ヘッドセットアダプター1 点、電源アダプター1 点、クリーニングクロス1 点、ユーザーガイド1 点
メーカー情報Varjo Technologies USA HQ
Washington DC Area Suite 700, office: 723 2111 Wilson Boulevard Arlington, VA 22201
お問い合わせメールフォーム
Pico G2 4K(Pico Technology Japan 株式会社)の画像1
高い性能と洗練されたデザインに加え、細かな部分まで鮮明に映し出す4Kを実現

Pico G2 4Kは、シンプルなデザインで簡単に洗浄できる仕様になっています。公共の場でビジネス使用したい方におすすめできるでしょう。また、鮮明な4Kディスプレイで映像を楽しめるという特徴があります。

また、ハンズフリーコントロール機能も搭載されているため「見て」選択することが可能です。新しい体験をしてみたい方に喜ばれそうですね。

Pico G2 4K(Pico Technology Japan 株式会社)の強み

ハンズフリーコントロール可能!簡単な操作で遊びたい方におすすめ!

Pico G2 4K(Pico Technology Japan 株式会社)の口コミ・評判を集めました

ty
すべて良し
動画を大画面で見るのには最適。ゲームをしないのでユウチュブやインターネットビデオを大画面で見ている。最高の気分、4K画質は最高。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

越前
今後、活躍の場が増えそう。
ご時世的にも活躍の場が増えそう。リモコン操作は直感的にできて簡単。画質も申し分ない。 見た目が大きくてびっくりするが、装着すると思いのほか軽くて2時間程度なら疲れない。買って良かったです。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

Pico G2 4K(Pico Technology Japan 株式会社)の基本情報

仕様解像度:3840 x 2160の4K液晶ディスプレイ
リフレッシュレート:75Hz
動作PC最低条件スタンドアローン型のためPC不要
価格記載なし
付属品記載なし
メーカー情報Pico Technology Japan株式会社
東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル14F
お問い合わせメールフォーム

VRの仕組み

VRの仕組みの画像
すでにVRの導入をしている方の中にも、実はVRの仕組みについて詳しく知らないという方もいるのではないでしょうか。ここではこれからVRを導入する方にも理解できるよう、VRがどのような仕組みなのか、またゴーグルとの違いなどについてもご紹介していきます。

VRとは

VRとは「Virtual Reality」の略で、日本語に訳すと「人工現実感」や「仮想現実」となります。専用のゴーグルやヘッドセットを装着して視界を覆い、そこに映し出された360°の映像を見ることによって、まるでその空間にいるような感覚を与えてくれる技術です。VRはつねに進化しており、最近では映像内を自由に移動できる、ものを動かせるなど没入感の高い体験ができるようになりました。

昨今ではエンターテインメントからビジネスまで、幅広くVRが活用されているためVRについて詳しく知らない方でも体験できる場面が増えています。例えば遊園地などではVR映像と可動式シートを組み合わせることで、本当に映像の中の乗り物に乗っているような体験をさせてくれます。また医療分野では手術や治療を遠隔地から支援する事業なども発展しており、今後ますます活躍の場を広げて行くことでしょう。

VRの仕組み

その場にいながら仮想的な体験ができるVRですが、一体どのような仕組みで仮想空間を体験できるようになっているのでしょうか。まず映像が立体的に見えるのは「視差」という人間の目の仕組みを上手に生かしているからです。

「視差」というのは、通常人間の目は右目と左目それぞれ見ているものが微妙に異なり、それぞれを脳内で合成することで立体的に見えるという仕組みのことです。この視差をVRでも取り入れており、右目用と左目用の2台のカメラで撮影された映像をVR機器のディスプレイにそれぞれ映すことで、その映像が脳内で合成されて立体的に見えるようになるのです。

またVRでは頭や手を動かすと、それに連動して映像もそのように動くという大きな特徴があります。これは、頭や身体の動きを感知して追尾する「VRトラッキング」と呼ばれる技術によるものです。

VR機器に搭載されたセンサーが人の動きを正確に追跡することで可能にしている動きで、VR機器の中でも「ヘッドマウントディスプレイ」というものに搭載されています。

このトラッキングの技術については、感知できる動きや方向によって「3DoF」と「6DoF」に分類されています。DoFとは「Degree of Freedom」を略したもので、日本語にすると「自由度」という意味です。

自由度が高い、つまり感知できる方向が増えるとVR内での表現も幅が広がるということになります。3DoFは3パターンの自由度があることを指し、頭の回転や動きまでを感知してくれるそうです。

対して6DoFは頭の動きに加えて身体の動きに対応しており、6DoFが搭載されているVR機器の方がより自由度が高く没入感の高い体験ができるということになります。

VRゴーグルとヘッドセットの違い

VRを楽しむための機器として大きく分けて「VRゴーグル」と「VRヘッドセット」の2種類があります。どちらも目を覆い映像を映すという動きは同じですが、VRゴーグルは本体にスマホを固定しスマホの画面に表示された2分割表示された映像をそれぞれ左右の目で見ることで立体的に楽しむものです。

移動や物体に触るなどのインタラクティブ性はないですが、360度の映画を観るという受動的なVR体験であれば十分といえるでしょう。

一方でVRヘッドセットは左右のそれぞれの目のために2つのディスプレイが内蔵されており、コントローラーなどを使ってVR空間内を移動したり物体をつかんだりすることができるインタラクティブなVR体験が可能です。手元のスマホで手軽にVRを楽しめるのがVRゴーグルで、VR空間内で移動したり物体を触ったりとインタラクティブな楽しみ方ができるのがVRヘッドセットであると覚えておきましょう。

  • VRはトラッキングという技術でそこにいるような映像を見ることができる
  • 手軽に楽しめるのがVRゴーグル、本格的な没入体験ができるのがVRヘッドセット

VRヘッドセットの2つのタイプ

VRヘッドセットの3つのタイプの画像
詳しい方はご存知かもしれませんが、じつはVRヘッドセットには大きく分けて2つのタイプがあります。目的や用途に合わせた使い方があり、どのような目的でVRヘッドセットを使用するかによって選ぶべきタイプも変わってきます。

ここでは2つのタイプ「スタンドアローン型」「PC接続型」それぞれの特徴やメリット・デメリットをご紹介していくので、どのタイプが最適なのかを見極めていきましょう。

スタンドアローン型

スタンドアローン型はスマホやゲーム機、PCなどに接続することなくヘッドセット単体でVRを楽しむことができるのが大きな特徴です。各種センサーやディスプレイ、レンズやバッテリーが本体に内蔵されているだけではなく、スマホ取付型に比べて高品質なVRを体験することができます。

スタンドアローン型のメリットとしては、高度な技術やハイスペックなPCを持っていなくても高品質なVRを楽しめるという点です。センサー機器の設置や接続といった手間も不要なので、高品質なVRを体験したいけれど複雑なことはしたくないという方に選ばれています。またコードレスで持ち運びが簡単であるため、イベントなどでも使用できる汎用性の高さもメリットです。

ただしバッテリーで稼働しているため、定期的に充電をおこなわなければならないというデメリットもあります。とくにゲームの最中でバッテリー切れになることを避けたい方は多いでしょうから、こまめに充電を確認する必要があるでしょう。またヘッドセットの解像度や機構によっては、表示能力が不足しているためPC接続型のヘッドセットでは問題なく見ることができる映像が見られなかったり、選べるアバターやコスチュームに制限が生じることも少なくありません。

PC接続型

PC接続型は「ハイエンドVR」とも呼ばれるもので、VRヘッドセットの種類の中で最も高品質で没入感のあるVR体験ができるタイプです。PCやゲーム機本体に繋げて使う必要があります。

メリットとしては、ほかのタイプとは比べものにならないほどの高画質、高解像度であることが挙げられます。本当にその世界にいるような臨場感が楽しめるのは、PC接続型ならではでしょう。より本格的にVRゲームや動画を楽しみたいのなら、このタイプがおすすめです。

またルームスケールという機能が搭載されているのも大きなメリットです。これは自分が歩くことでゲーム内のキャラクターを実際に操作できる機能で、高画質な映像と合わさることでさらに高い没入感を味わうことができます。

スマホVRやスタンドアローン型ではプレイできないPC接続型専用のゲームも豊富で、VRの世界で冒険や戦闘を思い切り楽しむことができるため根強い人気を誇っています。

このようなことからPC接続型は、すでにスマホVRやスタンドアローン型を所持しているけれど物足りない、本格的にゲームをプレイしたいなどVR経験者や上級者にとくにおすすめのタイプです。企業などでも取り入れられているのもこのタイプであることが多く、それだけ品質が高いということでもあるためより高度なVRを求める方はぜひ検討してみてください。

ただし3つのタイプの中では最も高価格であるというデメリットもあります。接続するゲーム機本体やハイスペックなPCを用意する必要もあるので、全体的な導入コストはどうしても高くなってしまうでしょう。

VRヘッドセットの使い道

VRヘッドセットはゲームや動画鑑賞のためだけのものではありません。最近では利用できるサービスが増えており、たとえば「バーチャルショッピング」「スポーツ観戦」「バーチャルライブ」「バーチャルSNS」なども楽しむことができます。

また動画サイトなどで活動する「バーチャルキャラクター」になりきることもでき、非日常感を楽しむことはもちろんバーチャルの世界で有名になることもできるかもしれません。

今後ますますVRが利用できるサービスは増えていくはずなので、VRを導入する価値はあるでしょう。また多くの利用をすることを考えると、より高品質で解像度が高いPC接続型のVRヘッドセットがおすすめです。導入費はある程度かかりますが導入したことによる満足度は高いはずですから、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

  • VRヘッドセットは「スマホ取付型」「スタンドアローン型」「PC接続型」の3タイプ
  • より高い没入感と制限なくあらゆる体験が可能なPC接続型がおすすめ

VRゴーグルやヘッドセットを購入する際、重視したいポイントは? WEBアンケートで調査!

ここまでVRヘッドセットについて、さまざまな視点で解説させていただきましたが、VRヘッドセットを購入する際にどのようなポイントを重視して決めればいいのか、迷われている方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな悩みをもつ方のために、VRヘッドセットについてアンケート調査をおこないました。それでは結果の詳細を見ていきましょう。

まずはじめに、みなさんにVRゴーグルやヘッドセット、イベントなどでVR体験をしたことはあるかどうか聞きました。
VRゴーグルやヘッドセット、イベントなどでVR体験をしたことはありますか?アンケート結果画像

「はい」が20%、「いいえ」が80%でした。VR体験をしたことがある方はまだまだ少数派でしたが、VR市場が今後ますます拡大していくなかで、手にする機会が訪れる方も増えていくでしょう。

次に、先ほどの質問で「はい」と回答した方々に、「VRゴーグルやヘッドセットを購入する際に重視したい点」は何か聞きました。
VRゴーグルやヘッドセットを購入する際に重視したい点は?アンケート結果画像

1位となったのは「値段」で25%でした。発売当初は高価なものだったVRヘッドセッドですが、今ではさまざまなメーカーから低価格で高スペックなVRヘッドセッドが登場しています。種類やスペックによって価格は異なるので、自身の予算にあうコストパフォーマンスの高いVRヘッドセッドを選びましょう。

2位に選ばれたのは「解像度」で24%でした。せっかくVRゴーグルやヘッドセッドを購入するなら、まるでその場にいるかのような没入感を味わいたいですよね。高解像度の商品を利用することで、ハイクオリティなVR環境を楽しむことができます。こちらも注目しておきたいポイントです。

同率3位になったのは「音質」「重さ」で17%でした。高音質のヘッドセッドを使用することで、より臨場感のあるVR体験ができるでしょう。

また、重量が軽く装着感のよいヘッドセッドを利用することで、ストレスがなく作業やゲームができます。とくに長時間使用する機会が多い方は、商品の重さなどを含めた付け心地にこだわることをおすすめします。

アンケートの結果は以上となりますが、VRヘッドセットを選ぶにあたって、参考になる内容であったなら幸いです。当サイトでは、低価格で高解像度のVRゴーグルも紹介しています。

次の見出しでは、VRヘッドセットの選び方について、さらに詳しくポイントを押さえてアドバイスさせていただきますので、ぜひ参考になさってください。

VRヘッドセットの選び方

VRヘッドセットの選び方の画像
昨今のVRブームに乗じて、現在数多くのVRヘッドセットが販売されています。そのため、初めてVRヘッドセットを購入する方はどれを選べばいいかわからないと感じてしまうのではないでしょうか。

また詳しい方でも情報が多いため、調べれば調べるほどわからなくなっているかもしれません。ここではそんな数あるVRヘッドセットの中から最適なものを見つけるため、VRヘッドセットを選ぶうえで押さえておきたいポイントをご紹介していきます。

解像度

映像を鑑賞したりゲームをしたりする場合は、より臨場感や没入感を楽しみたい方も多いはずですから、できるだけ解像度の高いVRヘッドセットを選びましょう。とくにPC接続型は4Kなどの高解像度に対応しているものも多いので、細部まで映像表現ができVRの世界を深くまで楽しむことができます。またゲームをする場合は両手コントローラーを使用するため、PC接続型もしくはスタンドアローン型を選びましょう。

音質

VRヘッドセットの中でもPC接続型とスタンドアローン型には、イヤホンやヘッドホンの端子がついており映像と共に音を楽しむことができます。VRというとどうしても映像の綺麗さばかりに気を取られがちですが、より臨場感を楽しむためには音も大きな役割を担っています。内蔵オーディオの質で音の感じ方は大きく変わるので、ぜひより音質のよいVRヘッドセットを選んでみてください。

重さ

VRヘッドセットを装着したまま長時間動画鑑賞やゲームをする方も多いので、できるだけ重さの気にならないヘッドセットを選びましょう。またVR空間でキャラクターになりきって動かしたいという場合も、できるだけ軽いものであるほうが操作にストレスを感じにくいです。ぜひVRヘッドセットを選ぶ際は実際に装着してみて、重さも確かめてみてください。

接続端子

パソコンやゲーム機でVRヘッドセットを使用したい場合は、接続端子にも注意が必要です。パソコンやゲーム機に接続する場合はHDMI端子やUSB端子が必要なので、それに対応しているVRヘッドセットを選びましょう。とくにスマホ取付型の場合は接続端子がついていないモデルが大多数なので、購入してから後悔しないようしっかりとチェックしてみてください。

保証

PC接続型などのハイエンドなVRヘッドセットは安く購入できるものではないので、万が一初期不良があった場合などに保証してくれるかどうかも確認しましょう。またしばらく使用していて壊れてしまった場合でも対応してもらえるよう、2年保証など保証期間がしっかりと確保されているものであればより安心です。

コスパ

数多くのVRヘッドセットが出回ってきたからこそ、値段に関係なく高品質なものも多く販売され始めています。確かに値段の高いものであれば品質は保証されていますが、コストを抑えながらも品質のいいものもあるので、ぜひそういった高コスパのものを見つけましょう。

  • 臨場感や没入感を楽しむためには高解像度で高音質なVRヘッドセットがおすすめ
  • どのような用途で使用するのかを決めてから購入しよう

しっかりと比較し、目的に合った高性能VRヘッドセットを購入しよう!

VRはこれから更に使用できる幅が増えていくはずなので、少しでも気になっているのならまずはVRヘッドセットを試してその世界に飛び込んでみましょう。数多くのVR機器が発売されているため、まずはさまざまな製品を比較し、より自分の求める性能や用途に合うものを見つけてみてください。

VRヘッドセットをうまく使いこなせるようになれば、これまでの趣味にも新たな楽しみ方を発見できるかもしれません。

【2022最新版】VRヘッドセット!おすすめ比較表

HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)
HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)の画像
Meta Quest 2(フェイスブック ジャパン株式会社)
Meta Quest 2(フェイスブック ジャパン株式会社)の画像
VIVE Pro 2(HTC NIPPON株式会社)
VIVE Pro 2(HTC NIPPON株式会社)の画像
VIVE Cosmos(HTC NIPPON株式会社)
VIVE Cosmos(HTC NIPPON株式会社)の画像
VIVE Focus 3(HTC NIPPON株式会社)
VIVE Focus 3(HTC NIPPON株式会社)の画像
おすすめポイント
数々のアワードを受賞したHPとValve、Microsoftが共同開発した画期的なVRヘッドセット。快適でより没入感のある体験を提供。
おすすめポイント
単眼1,832×1,920pxの解像度で美しくリアルなVR体験が可能
おすすめポイント
2021年のBestVRHeadsetに選定!必要なものがすべて1つに
おすすめポイント
自分だけのクリエイティブな空間を創ることを可能にしたVRヘッドセット。
おすすめポイント
オールインワンVRのマスターピース。高いスペックを実現!
特徴
高画質!性能と価格のバランスが優れている!
特徴
簡単な設定方法と安全に使用できる仕組み
特徴
流れるような映像を楽しむことができる
特徴
スタイリッシュなデザインが魅力的
特徴
オールインワンモデルで気軽に使える
解像度
片眼:2160 × 2160
両眼:4320 x 2160
解像度
片眼:1832 x 1920
両眼:3664 x 1920
解像度
片眼:2448 × 2448
両眼:4896 x 2448
解像度
片眼:1440 x 1700
両眼:2880 x 1700
解像度
片眼:2448 x 2448
両眼:4896 x 2448
音響
高品質!Valveスピーカー
音響
記載なし
音響
Hi-Res 認証済みヘッドセット、高インピーダンスヘッドフォン
音響
3D空間オーディオ
音響
2x デュアルドライバーによる特許取得済みの指向性スピーカー
重量
約 0.5kg(ケーブル重量含まず)
重量
記載なし
重量
記載なし
重量
記載なし
重量
記載なし
接続タイプ
PC接続型
接続タイプ
スタンドアローン型
接続タイプ
PC接続型
接続タイプ
PC接続型
接続タイプ
スタンドアローン型
もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく

記事一覧

投稿日 2022.09.15
VRG-XEHR01BK(エレコム株式会社) 住所:〒541-8765 大阪市中央区伏見町4丁目1番1号 明治安田生命大阪御堂筋ビル9F さまざまな商品の中からひとつを選択するときには、後悔
続きを読む
投稿日 2022.09.15
VRG-X02RBK(エレコム株式会社) 住所:〒541-8765 大阪市中央区伏見町4丁目1番1号 明治安田生命大阪御堂筋ビル9F VRヘッドセットを検討している方の中には、エレコム株式会
続きを読む
投稿日 2022.09.15
VRG-M02RBK(エレコム株式会社) 住所:〒541-8765 大阪市中央区伏見町4丁目1番1号 明治安田生命大阪御堂筋ビル9F 近年、VRヘッドセットはさまざまなシーンで利用されていま
続きを読む
投稿日 2022.09.15
VRG-EH03BK(エレコム株式会社) 住所:〒541-8765 大阪市中央区伏見町4丁目1番1号 明治安田生命大阪御堂筋ビル9F VRに触れる機会は、年々多くなってきています。そのような
続きを読む
投稿日 2022.09.1
VRG-2D3D02BK(エレコム株式会社) 住所:〒541-8765 大阪市中央区伏見町4丁目1番1号 明治安田生命大阪御堂筋ビル9F VRヘッドセットの購入を検討している方の中には「商品
続きを読む
投稿日 2022.09.1
VIVE Pro Eye(HTC NIPPON株式会社) 住所:東京都中央区日本橋馬喰町1-9-1 THE CORNER日本橋east5階 TEL:03-6450-1415 VRヘッドセット
続きを読む
投稿日 2022.09.1
VIVE Flow(HTC NIPPON株式会社) 住所:東京都中央区日本橋馬喰町1-9-1 THE CORNER日本橋east5階 TEL:‎0800-000-0117/03-6450-1
続きを読む
投稿日 2022.09.1
PlayStation VR2(Sony Interactive Entertainment) ソニーグループ株式会社 住所:〒108-0075 東京都港区港南1-7-1 TEL:03-67
続きを読む
投稿日 2022.09.1
Acer Windows Mixed Reality AH101(日本エイサー) TEL:サイト内問い合わせフォームあり エンターテインメントからビジネスまで、幅広い活躍を見せているVRヘッ
続きを読む
投稿日 2022.07.27
現代社会において、VRはエンタメやスポーツ、医療など、さまざまな分野で使われています。昨今では、研修に導入している企業も増えてきました。VRのメリットを最大限に活かし、社員の危機管理力の向上
続きを読む
検索

【NEW】新着情報

VRG-XEHR01BK(エレコム株式会社) 住所:〒541-8765 大阪市中央区伏見町4丁目1番1号 明治安田生命大阪御堂筋ビル9F さまざまな商品の中からひとつを選択するときには、後悔
続きを読む
VRG-X02RBK(エレコム株式会社) 住所:〒541-8765 大阪市中央区伏見町4丁目1番1号 明治安田生命大阪御堂筋ビル9F VRヘッドセットを検討している方の中には、エレコム株式会
続きを読む
VRG-M02RBK(エレコム株式会社) 住所:〒541-8765 大阪市中央区伏見町4丁目1番1号 明治安田生命大阪御堂筋ビル9F 近年、VRヘッドセットはさまざまなシーンで利用されていま
続きを読む