PCVRに必要なマシンとは?スペックやメーカーの選び方をご紹介!

公開日:2022/10/01  最終更新日:2022/10/05

現実世界とは違う空間を体験できるVR。2016年からVR市場は大きく発展し、今ではスマホ、PS、PCなどさまざまな媒体を利用してVRがプレイできるようになりました。その中でもPCVRは高スペックなPCが必要で導入が大変といわれています。そこで今回はPCVRで遊ぶときのPCのスペックやメーカーはどれがよいのか解説します。

VRヘッドセットは欠かせない

PCでVRをするにも、スマホでVRをするにも欠かせないのはヘッドセットです。VRで何かをしたいのであれば、まずはヘッドセットを購入しましょう。

ヘッドセットの種類

ヘッドセットにはインサイドアウト方式アウトサイドイン方式の2種類があります。

インサイドアウト方式はヘッドセットにカメラや位置センサが搭載されていて、ヘッドセットがあればVRを使うことができます。対してアウトサイドイン方式では、ヘッドセットにカメラやセンサが付いていないため、別途でカメラやセンサと設置する必要があります。

アウトサイドイン方式では、多少設置に手間がかかりますが、その分センサが高性能でゲームでも思い通りの操作ができます。

VR対応グラフィックボードのPC

グラフィックボードとはVRの映像を処理する装置であり、VRを使用する際にはもっとも重要なパーツといえます。グラフィックボードは一般的なPCには搭載されていないため、VRではゲーミングPCをおすすめします。ここからはVR対応のグラフィックボードの選び方を紹介します。

グラフィックボードの選び方

まずグラフィックボード選びで大切なのは「VRReady」という表記です。「VRReady」という表記は「パーツがVRの負荷に耐えられるスペックである」ということを証明している認証になります。

しかしここで注意しておきたいのが、VRReadyが完璧な性能を表している訳ではなく「このスペックがあれば一応快適にプレイできるよ」程度のスペックである点です。そのためサクサク、ヌルヌルVRをプレイしたいという方は、VRReadyの認証にかかわらず、できるだけ高性能のグラフィックボードを選ぶとよいでしょう。

たとえばHTC社とValveCorporationが2016年に共同開発した「HTCVive」というVRヘッドセットは

・NVIDIAGeForceGTX1060

・AMDRadeonRX480

のグラフィックボードを推奨していますが、現在はこれ以上のスペックを求められる場合があります。

VR対応ソフト

ここではおすすめのVR対応ソフトを紹介します。

Half-Life:Alyx

Half-Life:Alyxはバーチャルリアリティのように構築されたシューティングゲームでFPSの原点ともいわれているシリーズです。綺麗なグラフィックと匠に設計されたゲームシステムが魅力で、現実世界で銃撃戦を行っているような没入感がポイントです。

TheBlu

TheBluはスキューバダイビングのシミュレーションができるVRゲームです。980円(税込)でVRの綺麗なグラフィックを全身で体感できるため、VR初心者の方におすすめ。しかしスキューバダイビングをするだけなので、クリア要素がなくゲーム好きな方には、物足りなく感じるかもしれません。

VRを行うための物理的空間

ゲーミングPC

ゲーミングPCの特徴は、デザイン性が高くグラフィックボードが搭載されている点です。またグラフィックボードの熱を逃がすための冷却機能が高いことも魅力の一つです。

ゲーミングPCは後から部品をカスタマイズできる商品も多く、グラフィックボードをよりよいものに変更する、CPU重視のカスタマイズにするなどの個人に合わせられるのもゲーミングPCの魅力といえるでしょう。

・おすすめのゲーミングPC

まずおすすめのPCが「Ryzen5&GeForceRTX3060・3060」です。VRで必要なGPUを搭載しており、メモリも16GBあるなどコスパのよい商品といえます。

上記の商品よりも高性能なPCを求めている方は「Corei7・Ryzen7&GeForceRTX3070」もおすすめです。パソコンの脳ともいわれるCPUとGPUをワンランクアップすることで、より高度な映像表現が可能となっています。

また今後より高度な技術を用いたVRが発売されても対応できるでしょう。

ワークステーション

ワークステーションとはとくにこれといって定義はありませんが、一般的なPCとは区別されています。一般的なPCはオフィスで資料作成や、動画の視聴などで使用しますが、ワークステーションは、水や風などの流体の運動解析や、天気・天体の移動モデリング、複雑な2D・3DCAD、映像出力(VR・CG合成)などのデータが重たい作業を行うために用いられます。そのためVRをより臨場感をもって体感したいという場合には、ワークステーションを利用するとよいでしょう。

また法人でVRを導入する場合にも、VR以外のCADや運動解析にも使用できるワークステーションがおすすめです。たとえば「HPZ8G4Workstation」であればISVとも連携しており、ワークステーションの開発段階からアプリケーションの相互性を検証しているため安心です。

まとめ

今回はPCVRを体験するために必要なPCのスペックとメーカーを紹介し、VRのヘッドセットについても解説しました。PCを購入する場合には、グラフィックボードが搭載されているゲーミングPC一択ですが、法人などでVR体験会などを行う場合には、ワークステーションの導入も選択肢のひとつになります。あなたの使用用途に合わせて、PCVRにあったPCを探してみてください!

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

実際には存在しないのに専用デバイスを用いるとまるでそこに実在するかのように体感できる技術がVRです。VR技術を使えば、漫画や映画で一方的に視聴するのみだった魔法の世界や恐竜の王国にも訪問する
続きを読む
スマホが普及し始めたのが2010年頃。たった10年ほどの間にかなりの進化をしたVRが出現したのをご存じでしょうか?近年のVRではスマホをセットするだけで簡単に映画やYouTubeなどのさまざ
続きを読む
VRはゲームやコミュニケーション以外にも教育や訓練、観光、産業、ショッピングなどビジネス分野でも活用されている技術です。人との接触や国内外への移動が難しい状況下では、不便さを解消するために有
続きを読む