Pico G2 4K(Pico Technology Japan 株式会社)

Pico G2 4K(Pico Technology Japan 株式会社)の画像1
高い性能と洗練されたデザインに加え、細かな部分まで鮮明に映し出す4Kを実現
会社名Pico Technology Japan株式会社
所在地東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル14F
代表者周 宏偉

「PicoG24K(PicoTechnologyJapan株式会社)」は、G2シリーズで重要視されている高い性能や洗練されたデザイン、誰にでもフィットする装着感をそのままに、解像度が細かい部分まで鮮明に映し出す4Kに引き上げられたヘッドセットです。

本体はスリム化されたオールインワンのカウンターウェイトデザインで、使用するすべての人に最高級のバーチャルリアリティ体験を提供してくれるでしょう。今回はそんなPicoG24Kの魅力や特徴をご紹介します。

Pico Technology Japanの公式サイトを見てみる

PicoG24Kの特徴①ビジネスに活用できる

Pico G2 4K(Pico Technology Japan 株式会社)の画像2PicoG24Kはビジネスを考慮したつくりになっているため、さまざまなビジネスシーンで活用できます。本来、幅広い用途に利用できる汎用コンピューターやタブレットを、専用端末のようにひとつの用途のみ利用できるようにするキオスクモードでは、ヘッドセットを単一用途に特化させることでフォーカスを絞ったシンプルな使い方が可能です。

さらにハンズフリーコントロール機能が搭載されているので、コントローラーが手元になくても問題なくバーチャルリアリティの世界で遊べます。コントローラーがなくてもVRを使用することができれば、あらゆるビジネスで気軽に導入できるでしょう。

また、PicoG24Kにはそれぞれ交換可能なPU製(布地の表面にポリウレタン樹脂を塗布し、質感を天然皮革に似せた人工素材)のフェースインサートが採用されており、誰でも簡単に洗浄できる衛生的なデザインとなっています。誰にでもフィットするだけでなく、簡単に洗浄できることで衛生面においても心配が少ないため、公共使用に適しています。

最近では、手術のシミュレーションをあらかじめ学んでおくことで手術ミスを防ぎ、経験が少ない医師も手術の様子をVRで見学できる医療業界や、時間や天候を自由に選び、事故や災害など現実では再現することが困難な事態にも、パイロットが焦らず対応できるようシミュレーションを行う航空業界のほか、建物の外観や内部を立体モデル化させることで、竣工前から完成後をイメージしやすくする建築業界での活用など、さまざまな業界でVRが活用されています。

PicoG24Kは、コントローラーがなくても操作できるハンズフリーコントロール機能が搭載されているうえ、簡単に洗浄できる衛生的なデザインが採用されているので、さまざまなビジネスシーンで活躍するでしょう。

PicoG24Kの特徴②鮮明な映像

Pico G2 4K(Pico Technology Japan 株式会社)の画像3PicoG24Kは、画面解像度3840×2160の4K液晶ディスプレイを搭載しており、リフレッシュレート75Hz、画素密度818ppiでより明るくクリアな画質を実現しています。リフレッシュレートとは、1秒間にディスプレイが何回書き換わったかを記す回数で、75Hzであれば1秒間に75回書き換わっているということです。

リフレッシュレートが低く、1秒間の更新回数が少なければ少ないほど画面のチラツキを感じ、リフレッシュレートが高く、1秒間の更新回数が多ければ多いほどチラツキを感じにくくなります。感じ方は年齢や能力によって多少の個人差がありますが、一般的には70Hz以上であればチラツキは気にならないとされているので、75HzもあればVRを使用する際に、眼精疲労や頭痛を引き起こすことも少ないでしょう。

画面のチラツキは体の不調につながるため、VRにおいてリフレッシュレートが高いことは非常に大切な要素です。そして画素密度とは、1インチあたりのドットの数を示した数値です。同じ画面サイズでも画素密度が大きければ大きいほど、きめ細やかで鮮明な表現ができます。

4K液晶ディスプレイを搭載し、リフレッシュレート75Hzや画素密度818ppiを実現しているPicoG24Kであれば、明るくクリアな画質を通して質の高いバーチャルリアリティ体験が行えるでしょう。ただ、レンズを直射日光に長時間さらしておくと、スクリーンが破損する可能性があるので注意が必要です。

PicoG24Kの特徴③簡単に導入できる

Pico G2 4K(Pico Technology Japan 株式会社)の画像4PicoTechnologyJapan株式会社のヘッドセットは、企業向けのオールインワン(AIO)ソリューションとして最高レベルの性能を発揮するように設計されています。最新のVR技術を駆使し、日々パソコンやスマートフォン、有線接続を必要としないヘッドセットの開発が行われており、開発されているヘッドセットはシンプルで使いやすいデザインアプローチなので、企業で利用する際に管理経費を大幅に削減しながらVRアプリを展開することが可能です。

PicoTechnologyJapan株式会社のヘッドセットは、手にとって装着するのと同じくらい簡単にどの企業でも導入できるので、ユーザーのVR利用に対する抵抗を取り除いて企業とユーザー間のつながりをより強固なものにできるでしょう。

また、業界最高峰のビジネスパートナーと提携してAIOソリューションを構築しているのも魅力のひとつです。質の高い部品を調達し、世界中の優れた技術を組み合わせることで高性能を発揮する製品開発が行われているため、いずれの製品も高い品質を誇ります。

ニーズに合わせたサポートや機能を提供

PicoTechnologyJapan株式会社のエンタープライズマネージメントプログラムは、企業顧客向けに設計された管理ソリューションであり、各ビジネスのニーズに対応したカスタムサポートや機能を提供してくれます。企業顧客向けソリューションの構築によって、企業が顧客やエンドユーザーを満足させるために必要なツールが提供されています。

PicoTechnologyJapan株式会社のヘッドセットを導入することで、企業の発展にもつながるでしょう。

まずは問い合わせてみよう!

PicoG24K(PicoTechnologyJapan株式会社)は、G2シリーズで重要視されている高い性能や洗練されたデザイン、誰にでもフィットする装着感をそのままに、解像度が細かい部分まで鮮明に映し出す4Kに引き上げられたヘッドセットです。4Kの液晶ディスプレイが搭載されていることにより、明るくクリアな画質を通して質の高いバーチャルリアリティ体験が行えるでしょう。

また、簡単に洗浄できる衛生的なデザインが採用されているので、公共使用に適しています。そんなPicoG24Kが気になる方は、気軽に公式サイトから製品について問い合わせてみましょう。

Pico G2 4K(Pico Technology Japan 株式会社)の口コミ・評判を集めました

ty
すべて良し
動画を大画面で見るのには最適。ゲームをしないのでユウチュブやインターネットビデオを大画面で見ている。最高の気分、4K画質は最高。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

Pico G2 4Kは、動画を画質の良い大画面で鑑賞したいという方に特に向いているでしょう。投稿者さんも、映画やドラマなどさまざまなコンテンツをVRで楽しんでいるのではないでしょうか。 Pico G2 4Kは、衛生的なデザインになっているのも大きな特徴です。交換可能なPU製フェースインサートが利用でき、簡単に洗うことが可能です。
越前
今後、活躍の場が増えそう。
ご時世的にも活躍の場が増えそう。リモコン操作は直感的にできて簡単。画質も申し分ない。 見た目が大きくてびっくりするが、装着すると思いのほか軽くて2時間程度なら疲れない。買って良かったです。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

Pico G2 4Kは、画面解像度3840 x 2160の4K液晶ディスプレイを採用しています。また、見た目よりも軽量で使いやすいようです。 ハンズフリーコントロール機能がついているため、コントローラーを使わずに「見て」選択できるというポイントもあります。この機能は、私たちの生活において、さまざまな可能性を広げられそうですね。
Pico G2 4K(Pico Technology Japan 株式会社)の公式サイトを見てみる
検索

【NEW】新着情報

VRG-XEHR01BK(エレコム株式会社) 住所:〒541-8765 大阪市中央区伏見町4丁目1番1号 明治安田生命大阪御堂筋ビル9F さまざまな商品の中からひとつを選択するときには、後悔
続きを読む
VRG-X02RBK(エレコム株式会社) 住所:〒541-8765 大阪市中央区伏見町4丁目1番1号 明治安田生命大阪御堂筋ビル9F VRヘッドセットを検討している方の中には、エレコム株式会
続きを読む
VRG-M02RBK(エレコム株式会社) 住所:〒541-8765 大阪市中央区伏見町4丁目1番1号 明治安田生命大阪御堂筋ビル9F 近年、VRヘッドセットはさまざまなシーンで利用されていま
続きを読む

【2022最新版】おすすめVRヘッドセットランキング

HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)の画像

名前

HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)

ポイント

数々のアワードを受賞したHPとValve、Microsoftが共同開発した画期的なVRヘッドセット。快適でより没入感のある体験を提供。
公式サイトはこちら
Meta Quest 2(フェイスブック ジャパン株式会社)の画像

名前

Meta Quest 2(フェイスブック ジャパン株式会社)

ポイント

単眼1,832×1,920pxの解像度で美しくリアルなVR体験が可能
公式サイトはこちら
VIVE Pro 2(HTC NIPPON株式会社)の画像

名前

VIVE Pro 2(HTC NIPPON株式会社)

ポイント

2021年のBestVRHeadsetに選定!必要なものがすべて1つに
公式サイトはこちら
VIVE Cosmos(HTC NIPPON株式会社)の画像

名前

VIVE Cosmos(HTC NIPPON株式会社)

ポイント

自分だけのクリエイティブな空間を創ることを可能にしたVRヘッドセット。
公式サイトはこちら
VIVE Focus 3(HTC NIPPON株式会社)の画像

名前

VIVE Focus 3(HTC NIPPON株式会社)

ポイント

オールインワンVRのマスターピース。高いスペックを実現!
公式サイトはこちら
Valve Index(Valve Corporation)の画像

名前

Valve Index(Valve Corporation)

ポイント

最大130度の高視野角で繊細な映像を表示し、よりリアルなバーチャル世界を実現
公式サイトはこちら
Pico Neo3 Pro Eye(Pico Technology Japan 株式会社)の画像

名前

Pico Neo3 Pro Eye(Pico Technology Japan 株式会社)

ポイント

どんな場所でも安定したトラッキングが可能で、幅広いビジネスに活用できる
公式サイトはこちら
Varjo VR-3(Varjo Technologies)の画像

名前

Varjo VR-3(Varjo Technologies)

ポイント

業界でもトップクラスの高い性能と解像度を備えている
公式サイトはこちら
Varjo Aero(Varjo Technologies)の画像

名前

Varjo Aero(Varjo Technologies)

ポイント

115度の視野全域にわたって実物同様に表示するVRヘッドセット
公式サイトはこちら
Pico G2 4K(Pico Technology Japan 株式会社)の画像

名前

Pico G2 4K(Pico Technology Japan 株式会社)

ポイント

高い性能と洗練されたデザインに加え、細かな部分まで鮮明に映し出す4Kを実現
公式サイトはこちら