Pico Neo3 Pro Eye(Pico Technology Japan 株式会社)

Pico Neo3 Pro Eye(Pico Technology Japan 株式会社)の画像1
どんな場所でも安定したトラッキングが可能で、幅広いビジネスに活用できる
会社名Pico Technology Japan株式会社
所在地東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル14F
代表者周 宏偉

「PicoNeo3ProEye(PicoTechnologyJapan株式会社)」は、パワフルなプロセッサや8GBRAM、256GBオンボードストレージを搭載し、画素密度773ppi、最大リフレッシュレート90Hz対応、解像度3664×1920のLCDスクリーンを採用したヘッドセットです。衛生的な素材に独自のデザインを掛け合わせているため、長時間でも快適に使い続けられます。

また、常に安定したトラッキングが可能なので、幅広いビジネスに活用できるでしょう。今回はそんなPicoNeo3ProEyeの魅力を詳しく紹介します。

Pico Technology Japanの公式サイトを見てみる

PicoNeo3ProEyeの特徴①高い光学精度

Pico Neo3 Pro Eye(Pico Technology Japan 株式会社)の画像2「PicoNeo3ProEye(PicoTechnologyJapan株式会社)」は、複雑な環境においてもポジショニングを可能とする32個の光学追跡センサーを搭載しているため、光学精度が非常に高く、転送要求を出してから実際にデータが送られてくるまでにかかる通信の遅延時間が短いです。通信の遅延時間が短いことは、ゲームやアプリのような即効性が求められるコンテンツにおいて非常に重要な要素となり、遅延時間が短ければ短いほどVRを快適に使用できます。

また、PicoNeo3ProEyeは4つの広角カメラをヘッドセットと組み合わせることで、ミリ単位での精密なポジショニングやトラッキングを実現しているため、テクスチャの乏しい環境や明るい・暗い環境でも安定したトラッキングが行えます。

トラッキングとは、人間の頭や手、身体などの動きを感知して追尾する技術で、どんな環境でも安定したトラッキングが可能ということは、場所に限らずバーチャルリアリティの世界のなかでも、現実世界同様の動きを正確に行えるということです。

幅広い場面で活用できる

性能の高さに加え、PicoNeo3ProEyeは従来の6DoFヘッドセットよりもさらに軽量でコンパクトなので、堅牢性や柔軟性が向上しています。よりオープンになったユーザーマッピングシステムは、新たなデバイスやセットアップを行うための費用が必要ないため、幅広いビジネスシーンで活用することが可能です。

最近では、スポーツ観戦時に自分が見たいところを360度見渡せることで、その場にいるような没入感を味わえるスポーツ業界や、わざわざ物件まで行かなくても気になる住宅を内見できる不動産業界、VRの空間内に広告を流すことで、ユーザーが商品に触れて実際の使用感を試せる広告業界など、VRはさまざまな場面で活用されています。

これからの時代、さらに多くの業界で活用する事例が出てくるかと思いますが、堅牢性・柔軟性が高ければ導入する際のハードルも低くなるでしょう。

快適さを実現

PicoNeo3ProEyeは衛生的な素材に加え、Picoヘッドセットの人気機能に独自のデザインを組み合わせることで最大限の快適さを実現し、さらには法人向けの内蔵機能も搭載しています。自由度が非常に高く快適性に優れたNeo3Proシリーズを活用すれば、業種を問わず画期的なビジネスアプリケーションやエンゲージメントを実現できるうえ、誰もが快適に使い続けられるでしょう。

PicoNeo3ProEyeの特徴②クロスプラットフォーム対応

Pico Neo3 Pro Eye(Pico Technology Japan 株式会社)の画像3PicoNeo3ProEyeは、Bluetooth5.1および2.4GHz/5GHz 2X2MIMO 11ax(WiFi6)をサポートしており、無線と専用のディスプレイポートとケーブルを使用した有線両タイプのストリーミングに対応しています。

また、一般的なデスクトップやモニタとしてではなく、VRディスプレイとしてNVIDIAグラフィックスドライバがヘッドセットを認識し、シームレスなユーザ体験を提供するNVIDIAの「ダイレクト・モード」に対応しており、ネイティブ4K@90Hz高帯域幅の有線接続でPicoVRStreamingを利用することが可能です。

PicoNeo3ProEyeを含め、Neo3シリーズのヘッドセットはすべてNvidiaCloudXR™にも対応しているため、ビジネスワークフローにVRを統合させることでデザインレビューやバーチャルプロダクション、ロケーションベースエンターテイメントなどにも活用できるでしょう。

DP接続をサポート

PicoNeo3ProEyeは、高速カスタムマルチメディアDPケーブルを使用し、バーチャルリアリティヘッドセットの専用DPインターフェースを介して、デスクトップパソコンやノートパソコンに接続できます。ほぼ4Kのネイティブ解像度と72Hzもしくは90Hzのリフレッシュレートに対応しており、デスクトップパソコンやノートパソコンからVRコンテンツをストリーミングすることが可能です。

PicoNeo3ProEyeの特徴③安全性・生産性の向上

Pico Neo3 Pro Eye(Pico Technology Japan 株式会社)の画像4PicoNeo3ProEyeには、Neo3Proモデルの全機能が備わっているだけでなく、内臓アイトラッキングも搭載されています。アイトラッキングは別名「動線計測」とも呼ばれ、人々がどこを、どのように、いつ見るかを教えてくれる技術です。

アイトラッキングが搭載されていれば、より高いレベルのメカニクスとデータ収集機能で顧客行動の分析データの取得やトレーニング期間を短縮でき、ビジネスの安全性や生産性を高められるでしょう。

PicoNeo3ProEyeの特徴④エンタープライズマネージメント

PicoNeo3ProEyeの画像5Picoのエンタープライズマネージメントプログラムは、企業の顧客向けに設計された管理ソリューションであり、各ビジネスのニーズに対応したカスタムサポートや機能を提供してくれます。企業顧客向けソリューションが構築されていることから、企業が顧客やエンドユーザーを満足させるために必要なツールを提供し続けられているのです。

企業が抱える問題を解決するためのサービスとしては、きめ細やかな個別サポートや衛生的なデザイン、電源を入れるだけで直接コンテンツにアクセスできるキオスクモードや、100台以上の注文を即納可能な納品体制などが存在します。高性能なヘッドセットを提供するのはもちろん、企業を支えるさまざまなサポートサービスが充実しているのはPicoの大きな魅力です。

まずは問い合わせてみよう!

PicoNeo3ProEyeは、パワフルなプロセッサや8GBRAM、256GBオンボードストレージを搭載し、画素密度773ppi・最大リフレッシュレート90Hz対応・解像度3664×1920のLCDスクリーンを採用したヘッドセットです。性能の高さに加えてコンパクトさも兼ね備えているため、幅広いビジネスシーンでより手軽に活用できます。

また、内臓アイトラッキングが搭載されているので、顧客行動の分析データの取得やトレーニング期間を短縮でき、ビジネスの安全性や生産性を向上させることが可能です。そんなPicoNeo3ProEyeが気になる方は、公式サイトから気軽に製品について問い合わせてみましょう。

Pico Neo3 Pro Eye(Pico Technology Japan 株式会社)の口コミ・評判を集めました

くまもとん
PCVRは悪くない。
5つ星のうち4.0 2022年7月18日に日本でレビュー済み Amazonで購入 値段と性能とケーブル類を考えるとメタクエスト2より二万ほど安い。 画角が僅かに狭い以外に差はない。 PCVRの時にケーブルをネジで止めるのが少し面倒なのとケーブルの接続場所と方向により少し邪魔になる。 Wi-Fi接続は試してない。 PCVRにはほぼ差がないだろうけど、スタンドアロンの場合専用ショップのソフトがまだまだ少ない。 これから増えるのに期待。 VRチャットのスタンドアロン版がほしい。 専用ブラウザは良いと思う。 YouTubeやほかソフトに飛べる。 これからのアプリの増加と安定性のバージョンアップに期待。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

PicoNeo3ProEyeは解像度3664×1920のLCDスクリーンを採用したヘッドセットです。DP接続をサポートしておりデスクトップパソコンやノートパソコンに接続することができます。また様々なサポートサービスが充実しているので安心して使い続けることができるでしょう。
Mac Love
アマプラも見れる(設定次第)
5つ星のうち4.0 2022年9月9日に日本でレビュー済み Quest2とほぼ同じ性能で値上げ前の価格より付属品を考えれば安いので購入しました。 Amazon prime Video等の公式アプリが出てないのと標準ブラウザからはエラーで見れないのですが標準ブラウザからAndroidアプリのapkファイルをダウンロードしたところ見れました。 ただ、設定からパフォーマンス改善モードをオフが必要ですのでSD画質でしか公式アプリからは見れませんでした(他のブラウザを入れれば見れるかも?) まだアプリも少ないのでPCVR用途でしたらおススメです。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

PicoNeo3ProEyeはパワフルなプロセッサや256GBオンボードストレージを搭載し、長時間でも快適に使い続けられるようになっています。32個の光学追跡センサーを搭載しており、データが送られてくるまでにかかる通信の遅延時間が短くなっています。幅広いビジネスに活用することができるでしょう。
Pico Neo3 Pro Eye(Pico Technology Japan 株式会社)の公式サイトを見てみる
サイト内検索

【NEW】新着情報

VR元年と呼ばれた2016年以降、VR機器のクオリティも一気に向上し盛り上がりを見せています。VRヘッドセットを買ってVRを楽しみたいと思っている人も増えていますが、種類がたくさんあるので、
続きを読む
VRといえば非現実的な空間を体験できるツールとして注目が高く、とくにゲームや娯楽業界で脚光を浴びています。しかしVRで体験できる空間はなにも「非日常」だけではありません。住宅業界ではVR技術
続きを読む
実際には存在しないのに専用デバイスを用いるとまるでそこに実在するかのように体感できる技術がVRです。VR技術を使えば、漫画や映画で一方的に視聴するのみだった魔法の世界や恐竜の王国にも訪問する
続きを読む

【2022最新版】おすすめVRヘッドセットランキング

HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)の画像

名前

HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)

ポイント

数々のアワードを受賞したHPとValve、Microsoftが共同開発した画期的なVRヘッドセット。快適でより没入感のある体験を提供。
公式サイトはこちら
Meta Quest 2(フェイスブック ジャパン株式会社)の画像

名前

Meta Quest 2(フェイスブック ジャパン株式会社)

ポイント

単眼1,832×1,920pxの解像度で美しくリアルなVR体験が可能
公式サイトはこちら
VIVE Pro 2(HTC NIPPON株式会社)の画像

名前

VIVE Pro 2(HTC NIPPON株式会社)

ポイント

2021年のBestVRHeadsetに選定!必要なものがすべて1つに
公式サイトはこちら
VIVE Cosmos(HTC NIPPON株式会社)の画像

名前

VIVE Cosmos(HTC NIPPON株式会社)

ポイント

自分だけのクリエイティブな空間を創ることを可能にしたVRヘッドセット。
公式サイトはこちら
VIVE Focus 3(HTC NIPPON株式会社)の画像

名前

VIVE Focus 3(HTC NIPPON株式会社)

ポイント

オールインワンVRのマスターピース。高いスペックを実現!
公式サイトはこちら
Valve Index(Valve Corporation)の画像

名前

Valve Index(Valve Corporation)

ポイント

最大130度の高視野角で繊細な映像を表示し、よりリアルなバーチャル世界を実現
公式サイトはこちら
Pico Neo3 Pro Eye(Pico Technology Japan 株式会社)の画像

名前

Pico Neo3 Pro Eye(Pico Technology Japan 株式会社)

ポイント

どんな場所でも安定したトラッキングが可能で、幅広いビジネスに活用できる
公式サイトはこちら
Varjo VR-3(Varjo Technologies)の画像

名前

Varjo VR-3(Varjo Technologies)

ポイント

業界でもトップクラスの高い性能と解像度を備えている
公式サイトはこちら
Varjo Aero(Varjo Technologies)の画像

名前

Varjo Aero(Varjo Technologies)

ポイント

115度の視野全域にわたって実物同様に表示するVRヘッドセット
公式サイトはこちら
Pico G2 4K(Pico Technology Japan 株式会社)の画像

名前

Pico G2 4K(Pico Technology Japan 株式会社)

ポイント

高い性能と洗練されたデザインに加え、細かな部分まで鮮明に映し出す4Kを実現
公式サイトはこちら