HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)

HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)の画像1
数々のアワードを受賞したHPとValve、Microsoftが共同開発した画期的なVRヘッドセット。快適でより没入感のある体験を提供。
会社名株式会社 日本HP
所在地東京都港区港南1丁目2番70号 品川シーズンテラス21階
代表者岡戸 伸樹
資本金5億円
事業内容PC、プリンティングおよび付随するサービス、ソリューション事業
主要事業所東京、大阪、名古屋、福岡、横浜

「HP Reverb G2 VR Headset」は、SteamVRとWindowsMixedRealityどちらにも対応しているVRヘッドセットです。その他法人の業務において使用される様々なビジュアライズソフトウェアに対応しているため、安心して導入可能です。

WindowsMixedRealityはヘッドセットを接続すると自動で認識をしてくれるので、セットアップが容易です。今回はそんな、HP Reverb G2 VR Headsetの魅力や特徴、口コミなどを詳しく紹介します。

日本HPの公式サイトを見てみる

HP Reverb G2 VR Headsetの特徴①リアルを越えたビジュアルを追求

HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)の画像2HP Reverb G2 VR Headsetは、今までにないリアルさを追求したVRヘッドセットです。VRヘッドセットの魅力のひとつはクリアな画像で、鮮明な画質を楽しめる点です。

いくら立体感で躍動感があるといっても、画質がよくなければ世界観に浸れない方も多いのではないでしょうか。HP Reverb G2 VR Headsetは、1眼あたり2160×2160、両眼4320×2160の液晶パネルと、フルRGPストライプを導入しています。

今まで以上にクリアな画像を楽しむことはもちろん、VR空間内の細かい文字さえ読むことも可能です。OutRiftSの2.5倍の930万画素数あるため、非常に鮮明な画質を楽しめます。

視野角のカスタマイズが可能

HP Reverb G2 VR Headsetは、瞳孔間距離(IPD)調整することでレンズの幅を適用させることが可能です。完璧なフィット感を味わいながら、実世界よりクリアで迫ってくる世界を体感できます。

HP Reverb G2 VR Headsetの特徴②優れたヘッドフォン

HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)の画像3たとえ画質がよくても音質が悪いと没入感も半減です。しかし、HP Reverb G2 VR Headsetは、音質の面でも優秀なアイテムです。業界をリードするValveスピーカーを使用しているため、高品質のオーディオ体験ができます。

耳への負担が少ない

耳から10mmほど離した位置にスピーカーが設置してあるのも大きなポイントです。耳に密着しているタイプのヘッドフォンの場合、長時間使用していると、圧迫感がストレスになりやすいです。

しかしHP Reverb G2 VR Headsetは耳に密着していないので、耳が痛くなったり熱くなったりする心配もありません。

軽量

HP Reverb G2 VR Headsetは、500g以下と軽量に作られています。また、クッションサイズも大きくすることで重量を均等に分散させられるため、長期間利用時の疲労が軽減できます。加えて、ヘッドセットに新しく改良された6mのケーブルを直接接続することで、これまで以上に自由に移動できるようにもなりました。

プライスパフォーマンス

HP Reverb G2 VR Headsetの値段は、6万5,780円(税込)となっています。この金額を見て中には、「もっと安いVRヘッドセットがあるのでは」と考える方もいるかもしれません。

しかし、非常に鮮明でクリアな画像が楽しめて、長時間快適に使える構造で、なおかつ音質もよいことを考慮すると、コストパフォーマンスがよいVRヘッドセットといえるでしょう。他のVRヘッドセットでは経験できないリアルな映像を体験したい方におすすめです。

トラッキング可能

HP Reverb G2 VR Headsetのヘッドセットには、4つのカメラが内蔵されているため、前世代より多くの動きを追跡できるようになりました。コントローラーのトラッキング精度が高く、VR体験中のストレスが軽減されます。

コントローラーのホールド感も高く、ゲームコントローラーベースのボタンレイアウトで直感的にコントロールできます。

HP Reverb G2 VR Headsetの特徴③あらゆる業界標準に対応

HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)の画像4せっかく購入しても楽しめるコンテンツがあまりないとしたら、ガッカリしてしまうのではないでしょうか。HP Reverb G2 VR Headsetは、あらゆるVRコンテンツにアクセスできるように設定されています。また、アクセス方法も簡単なので安心です。

MicrosoftFlightSimulator

HP Reverb G2 VR Headsetは「MicrosoftFlightSimulator」が最適化されています。MicrosoftFlightSimulatorを入手すると、軽飛行機からワイドボディジェットまで、精密な航空機を操縦することが可能です。今までにないリアルな自分だけの飛行プランを楽します。

業界を超えた互換性

HP Reverb G2 VR Headsetは、世界最大級のVRコンテンツプラットフォームSteamVRに対応しそのすべてのコンテンツを体験できます。また、今後ますます増える対応タイトルに期待が高まります。

ワークフローに導入できる

法人のVR導入における対応ソフトウェアの検証は非常に大変な作業です。しかしHP Reverb G2 VR Headsetは、法人のビジュアライズに使用される各種ソフトウェアでの動作を確認済みです。安心して、ワークフローに取り入られるでしょう。

HP Reverb G2 VR Headsetの特徴④PCVRをワンストップでサポート

HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)の画像5VRの実現方法としては、手軽に楽しめるスマホVR、ヘッドセット単体で利用可能なオールインワン、そしてパソコンに接続するPCVRの3つの方法があります。HP Reverb G2 VR Headsetは、パソコンと接続する「PCVR」方式のヘッドセットです。パソコンの高い画像処理能力とヘッドセットの高い解像度を活用するPCVRだからこその、高解像度を実現しています。

またHP Reverb G2 VR Headsetは、VRヘッドセットと接続するデバイスの両方を提供できる数少ないベンダーとして、切り分けが難しいといわれているPCVRをワンストップでサポートします。

HP Reverb G2 VR Headsetの特徴⑤活用できる用途が多い

HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)の画像6多くの場合、VRヘッドセットと聞くと、ゲームに使用するイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。もちろんゲームにも使用可能ですが、HP Reverb G2 VR Headsetの活用方法は、1つだけではありません。主に3つの活用方法があります。

デザイン

HP Reverb G2 VR Headsetを利用することで、デザインのコンセプトからショールームまで、よりよいコラボレーションやレビュー、エクスペリエンスを実現するワークフローを作成し、管理します。

トレーニング

HP Reverb G2 VR Headsetをトレーニングに利用してみることもおすすめです。VRは、往来の講義形式の学習に比べて、高い学習定着率を実現します。安全シミュレーションやメンテナンス手順の確認、人前で話すようなトレーニングまで、種類もさまざまです。

ゲーミング

HP Reverb G2 VR Headsetは画質が非常にクリアなので、没入型ゲームを別次元にランクアップします。世界の探索から本格的な戦闘ゲームまで、ゲームの世界にどっぷりハマッてしまうでしょう。

まずは、メールでお問い合わせしてみよう!

HP Reverb G2 VR Headsetは、ValveとMicrosoftが共同開発したリアルさを追求したVRヘッドセットです。1眼あたり2160×2160、両眼4320×2160の液晶パネルと、フルRGPストライプを導入することで、今までに見たことのないような鮮明な世界観が楽しめること間違いありません。

ただしHP Reverb G2 VR Headsetは、注文時に部材を調達する「お取り寄せ商品」になるため、オーダータイミングによっては入手するのに時間がかかる場合もあるという点に注意してください。

購入前に製品の納期を問い合わせる際は、希望製品で見積もりを取得した後に受付番号を控えて連絡してください。まずは、メールでお問い合わせしてみましょう。

HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)の口コミ・評判を集めました

画質がとても良い
匿名
なかなか購入できませんでしたが、安価で高画質。リフトsからの買い替えですが、非常に満足です。故障したらもう一度購入します。

引用元:https://shopping.yahoo.co.jp/

HP Reverb G2 VR Headsetは、お手頃な価格で高解像度、高音質のVRを楽しむことができます。投稿者さんも、再度購入したいと思うほど大変気に入っているようですね。 重量は500g以下になっており、前後のバランスが良いのもポイントです。クッションのサイズが大きめなので長期間の利用でも疲れにくいのではないでしょうか。
アラ寒
眼鏡をかけていても問題なく使用できます。
眼鏡をかけていても問題なく使用できます。オキュラスsからの買い替えですが、装着感はhpのほうが良好、画像はhpのほうがかなり良好。

引用元:https://review.kakaku.com/

HP Reverb G2 VR Headsetは、眼鏡をかけていても快適に使用することができるようです。これは視力矯正をしている方にとって大事な問題でしょう。投稿者さんは、以前よりも使い心地の優れたVRヘッドセットに出会えて良かったですね。 また、法人のビジュアライズに使用される各種ソフトウェアで動作確認されているため、安心して利用できるでしょう。
HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)の公式サイトを見てみる
検索

【NEW】新着情報

VRG-XEHR01BK(エレコム株式会社) 住所:〒541-8765 大阪市中央区伏見町4丁目1番1号 明治安田生命大阪御堂筋ビル9F さまざまな商品の中からひとつを選択するときには、後悔
続きを読む
VRG-X02RBK(エレコム株式会社) 住所:〒541-8765 大阪市中央区伏見町4丁目1番1号 明治安田生命大阪御堂筋ビル9F VRヘッドセットを検討している方の中には、エレコム株式会
続きを読む
VRG-M02RBK(エレコム株式会社) 住所:〒541-8765 大阪市中央区伏見町4丁目1番1号 明治安田生命大阪御堂筋ビル9F 近年、VRヘッドセットはさまざまなシーンで利用されていま
続きを読む

【2022最新版】おすすめVRヘッドセットランキング

HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)の画像

名前

HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)

ポイント

数々のアワードを受賞したHPとValve、Microsoftが共同開発した画期的なVRヘッドセット。快適でより没入感のある体験を提供。
公式サイトはこちら
Meta Quest 2(フェイスブック ジャパン株式会社)の画像

名前

Meta Quest 2(フェイスブック ジャパン株式会社)

ポイント

単眼1,832×1,920pxの解像度で美しくリアルなVR体験が可能
公式サイトはこちら
VIVE Pro 2(HTC NIPPON株式会社)の画像

名前

VIVE Pro 2(HTC NIPPON株式会社)

ポイント

2021年のBestVRHeadsetに選定!必要なものがすべて1つに
公式サイトはこちら
VIVE Cosmos(HTC NIPPON株式会社)の画像

名前

VIVE Cosmos(HTC NIPPON株式会社)

ポイント

自分だけのクリエイティブな空間を創ることを可能にしたVRヘッドセット。
公式サイトはこちら
VIVE Focus 3(HTC NIPPON株式会社)の画像

名前

VIVE Focus 3(HTC NIPPON株式会社)

ポイント

オールインワンVRのマスターピース。高いスペックを実現!
公式サイトはこちら
Valve Index(Valve Corporation)の画像

名前

Valve Index(Valve Corporation)

ポイント

最大130度の高視野角で繊細な映像を表示し、よりリアルなバーチャル世界を実現
公式サイトはこちら
Pico Neo3 Pro Eye(Pico Technology Japan 株式会社)の画像

名前

Pico Neo3 Pro Eye(Pico Technology Japan 株式会社)

ポイント

どんな場所でも安定したトラッキングが可能で、幅広いビジネスに活用できる
公式サイトはこちら
Varjo VR-3(Varjo Technologies)の画像

名前

Varjo VR-3(Varjo Technologies)

ポイント

業界でもトップクラスの高い性能と解像度を備えている
公式サイトはこちら
Varjo Aero(Varjo Technologies)の画像

名前

Varjo Aero(Varjo Technologies)

ポイント

115度の視野全域にわたって実物同様に表示するVRヘッドセット
公式サイトはこちら
Pico G2 4K(Pico Technology Japan 株式会社)の画像

名前

Pico G2 4K(Pico Technology Japan 株式会社)

ポイント

高い性能と洗練されたデザインに加え、細かな部分まで鮮明に映し出す4Kを実現
公式サイトはこちら