VIVE Focus 3(HTC NIPPON株式会社)

VIVE Focus 3(HTC NIPPON株式会社)の画像1
オールインワンVRのマスターピース。高いスペックを実現!
会社名HTC NIPPON 株式会社
所在地東京都中央区日本橋馬喰町1-9-1 THE CORNER日本橋east5階
代表者児島 全克
事業内容製造業

VIVE Focus3は、企業の中でのVR体験をより便利にした一体型VRヘッドセットです。VIVE Focus3は、クラス最高のグラフィックスとエルゴ的な快適さ、仕事のやり方を変えるアプリケーションを提供します。

とくに、ビジネスにVRを用いたいと考えている人におすすめです。今回はそんな、VIVE Focus3の魅力や特徴、口コミなどを詳しく紹介します。

HTC NIPPONの公式サイトを見てみる

VIVE Focus3の特徴①グラフィック品質のオールインワンVR

VIVE Focus 3(HTC NIPPON株式会社)の画像2VIVE Focus3は業界をリードする高画質のVRヘッドセットです。VIVE Focus3は、誰の目にも快適な視界になるよう、IPD(瞳孔間距離)調整が超広範囲でできるように設定されています。

瞳孔間距離は、52mm〜72mmまで調整可能です。ヘッドセットを装着したまま、ダイヤルデザインで簡単にスイートスポットを見つけられるでしょう。

より自然で快適な視界

VIVE Focus3でVR体験すると、最大120度の広い視野で景色を見ることが可能です。また、片眼2448×2448ピクセル・両眼4896×2448という5Kの解像度は、まるでその場にいるかのような感覚に陥るでしょう。

スムーズなビジュアル

VIVE Focus3のリフレッシュレートは90Hzです。1秒間あたり、90フレームで描画できるため、チラつきも少なくスムーズで滑らかな画像が見られます。

VIVE Focus3の特徴②パフォーマンス向上のための工夫

VIVE Focus 3(HTC NIPPON株式会社)の画像3VIVE Focus3には、パフォーマンスをより向上させるための多くの工夫が見られます。

冷却維持

アクティブクリーニングメカニズムと熱最適化バッテリーにより、デバイスの温度が理想的な状態に維持されます。その結果、パフォーマンスが向上し、没入型セッションを長時間維持できるのです。

バッテリーは非常に軽量で、取り外しも簡単。交換や充電も速やかにできるので、ストレスが少なくなること間違いありません。

3Dサウンド

オープンバックのデュアルドライバースピーカーは、3D空間サウンドを提供します。ハイレゾ出力の3.5mmオーディオジャックサポートが没入感をアップさせてくれます。音漏れを低減した指向性スピーカー設計により、会話をプライベートに保つことも可能です。

着脱が簡単

VIVE Focus3には特許済みのクイックリリースボタンがセットされているため、速やかにヘッドセットを着脱できます。また、VIVE Focus3は150mm幅のフェイシャルインターフェイスです。

そのため、横幅の広い眼鏡をかけている人でも簡単に装着できます。

完璧な重量バランス

VIVE Focus3は、前面部からバランスを重視したカウンターウェイトまでの曲線と輪郭により、長時間のセッションでも疲れない完璧な重量バランスを保っています。さらにヘッドセットのクッションは取り外しもできるため、汗をかいた後に水洗いすることも可能です。

自然なフィット感

VIVEFocusコントローラーは、手に持った時に快適にフィットするようバランスよく作られているコントローラーです。6DoFのサポートや人間工学的に配置されたボタンとトリガー、タッチセンサーによってさらに直感的で正確な制御が実現可能になっています。

VIVEFocusコントローラーを使えば、長時間のVRセッション中でも簡単に入力やナビゲートをすることが可能です。

VIVE Focus3の特徴③電力効率が高い設計

VIVE Focus 3(HTC NIPPON株式会社)の画像4VIVE Focus3は、電力効率の面でも優れています。

VRヘッドセットは電力を多く使用するため、VR体験をしている際に電池が切れてしまうことがあります。しかしVIVE Focus3の場合、電気効率の高い設計によって最大2時間の連続使用が可能です。充電する必要がある場合でも、30分で最大50%まで素早く充電できます。

コントローラーのバッテリー寿命は最大15時間

コントローラーのバッテリーは、なんと最大15時間ほどです。加えて、USB充電サポートも備えているため、あらゆるアプリケーションに対応する電力耐久性を備えているといえます。

VIVE Focus3の特徴④高精度なハンドトラッキング機能

VIVE Focus 3(HTC NIPPON株式会社)の画像5VIVE Focus3では新たにハンドトラッキング機能を追加することで、VR空間でより直感的に動くことを可能にしました。ハンドトラッキング機能とは、コントローラーを使用しない高精度の26点ハンドトラッキングです。

コントローラーと連動させることも可能で、切り離しても使用できます。自分の手の動きが、VRの世界でどれだけ正確に動くのか確かめてみてください。自分の手だけで、クリックやドラッグ、スクロールができるので操作が簡単になります。さらにカスタムアクションを利用すれば、応用の幅も広がるはずです。

VIVE Focus3の特徴⑤企業向けのVRヘッドセット

VIVE Focus 3(HTC NIPPON株式会社)の画像6VIVE Focus3は、とくに企業におすすめできるVRヘッドセットです。企業で取り組んでいるキャンペーンをVRの次元に取り入れると、マーケティングの観点を変えることも可能です。VRは、あらゆる角度とスケールからコンセプトを可視化し、顧客との活発なやり取りをデザインしたバーチャルイベントでリーチを最大化します。

VRを使うことで目の前にあるような見せ方ができるため、顧客に商品を知ってもらうきっかけ作りになります。

従業員のトレーニング

従業員に適切なスキルを効果的に習得させるために、VRは最適な道具です。従業員をトレーニングするために研修要員やトレーナーをつける場合、仕事効率が落ちるかもしれません。

しかしVRを使用すれば、コストを削減しながらトレーニングプログラムを進められます。

セラピーやリハビリテーション

医学の未来のために、VRを使用することも可能です。リモート診断はもちろん、認知療法や怪我のリハビリなど、ヘルスケアにおけるVRの可能性は無限大にあります。

学習

ただ座って勉強するだけでは、知識は身に付きません。没入型VR体験を通じて、学習をより楽しく便利で魅力的なものにしましょう。

まずは電話やメールで問い合わせてみよう!

VIVE Focus3は、とくに企業や教育の分野でおすすめのVRヘッドセットです。業界をリードする5Kの高画質のVRヘッドセットでVR体験をすると、まるでその場にいるような感覚になること間違いありません。

また、着脱も簡単にできるのは大きなポイントです。特許済みのクイックリリースボタンがセットされているため、速やかにヘッドセットを着脱できます。さらにクッションは取り外して水洗いすることも可能なので、清潔さも保てます。利用してみたい方は、まずは気軽に電話やメールで問い合わせてみてください。

VIVE Focus 3(HTC NIPPON株式会社)の口コミ・評判を集めました

ちょい悪オヤジ
Quest2の上位機種ではないです
5つ星のうち3.0 2022年4月15日に日本でレビュー済み 機種・種類: 本体 公式より購入。 あくまで業務用なので、Quest2の上位機種とは思わない方がいいです。 スタンドアロンで使用できるアプリの入手はVIVE Business AppStoreからのみで、 ゲーム類(エンターテイメント)は非常に少ないです。 野良apkもインストールできますが、動作するアプリは少なそうです。 SteamVR + VIVE Business Streaming でPC接続できますが、解像度は片目2048x2048になります。 それでもQuest2より上ですが、私の感覚ではピントが少し甘いような気がして、「スゲェ!キレイ!」とはなりません。 純正のUSBケーブルはUSB3.2 Gen2対応を謳っていますが、本体のUSBがGen1なので、 Gen1対応のケーブルで充分です。 WiFi接続(我が家は11ac)でもほとんど遅延もなく、有線と画質も違いがわかりません。 バッテリーの持ちは悪いです。おそらく2時間保ちません。 バッテリー単体で充電できるので、気になる方は追加バッテリーを購入すればいいでしょう。 視野角はQuest2(110°)よりやや広い(120°)ので、少し見やすいです。 重量バランスがいいので、ずり落ちてくることは無いと思います。 上記のメリットに13万円出せる方は検討の価値がありますが、「多少割高でも高画質を」と思われる方はPro2の購入を検討した方がいいでしょう。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

VIVE Focus3は業界をリードするVRヘッドセットです。VIVE Focus3の特徴として企業向けのVRヘッドセットという点があります。従業員のトレーニングやセラピーやリハビリテーションなどに活用することができる他にも、企業で取り組んでいるキャンペーンのマーケティングの観点を変えることもできるので活用方法は様々です。
VIVE Focus 3(HTC NIPPON株式会社)の公式サイトを見てみる
サイト内検索

【NEW】新着情報

VR元年と呼ばれた2016年以降、VR機器のクオリティも一気に向上し盛り上がりを見せています。VRヘッドセットを買ってVRを楽しみたいと思っている人も増えていますが、種類がたくさんあるので、
続きを読む
VRといえば非現実的な空間を体験できるツールとして注目が高く、とくにゲームや娯楽業界で脚光を浴びています。しかしVRで体験できる空間はなにも「非日常」だけではありません。住宅業界ではVR技術
続きを読む
実際には存在しないのに専用デバイスを用いるとまるでそこに実在するかのように体感できる技術がVRです。VR技術を使えば、漫画や映画で一方的に視聴するのみだった魔法の世界や恐竜の王国にも訪問する
続きを読む

【2022最新版】おすすめVRヘッドセットランキング

HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)の画像

名前

HP Reverb G2 VR Headset(株式会社日本HP)

ポイント

数々のアワードを受賞したHPとValve、Microsoftが共同開発した画期的なVRヘッドセット。快適でより没入感のある体験を提供。
公式サイトはこちら
Meta Quest 2(フェイスブック ジャパン株式会社)の画像

名前

Meta Quest 2(フェイスブック ジャパン株式会社)

ポイント

単眼1,832×1,920pxの解像度で美しくリアルなVR体験が可能
公式サイトはこちら
VIVE Pro 2(HTC NIPPON株式会社)の画像

名前

VIVE Pro 2(HTC NIPPON株式会社)

ポイント

2021年のBestVRHeadsetに選定!必要なものがすべて1つに
公式サイトはこちら
VIVE Cosmos(HTC NIPPON株式会社)の画像

名前

VIVE Cosmos(HTC NIPPON株式会社)

ポイント

自分だけのクリエイティブな空間を創ることを可能にしたVRヘッドセット。
公式サイトはこちら
VIVE Focus 3(HTC NIPPON株式会社)の画像

名前

VIVE Focus 3(HTC NIPPON株式会社)

ポイント

オールインワンVRのマスターピース。高いスペックを実現!
公式サイトはこちら
Valve Index(Valve Corporation)の画像

名前

Valve Index(Valve Corporation)

ポイント

最大130度の高視野角で繊細な映像を表示し、よりリアルなバーチャル世界を実現
公式サイトはこちら
Pico Neo3 Pro Eye(Pico Technology Japan 株式会社)の画像

名前

Pico Neo3 Pro Eye(Pico Technology Japan 株式会社)

ポイント

どんな場所でも安定したトラッキングが可能で、幅広いビジネスに活用できる
公式サイトはこちら
Varjo VR-3(Varjo Technologies)の画像

名前

Varjo VR-3(Varjo Technologies)

ポイント

業界でもトップクラスの高い性能と解像度を備えている
公式サイトはこちら
Varjo Aero(Varjo Technologies)の画像

名前

Varjo Aero(Varjo Technologies)

ポイント

115度の視野全域にわたって実物同様に表示するVRヘッドセット
公式サイトはこちら
Pico G2 4K(Pico Technology Japan 株式会社)の画像

名前

Pico G2 4K(Pico Technology Japan 株式会社)

ポイント

高い性能と洗練されたデザインに加え、細かな部分まで鮮明に映し出す4Kを実現
公式サイトはこちら